熊本地震での瓦屋根被害状況と被害の特徴、震災前の予防方法と対策について
全瓦連青年部西日本ブロック大会での講演会

  1. (有) 岡本シンホウ産業のHOME

熊本の屋根瓦専門店(有)岡本シンホウ産業
熊本地震で被災された方へ緊急対応中です


「平成28年熊本地震」は、近年最大の地震であり、余震の回数も観測史上最多となり熊本県内に甚大な被害をもたらしております。
予測不能の災害は数多くの尊い命を奪い、今も被災をうけた多くの方が避難をされています。

お亡くなりになった方々に謹んで哀悼の誠を捧げ、また被災をされたすべての方に心よりお見舞いを申し上げます。

岡本シンホウ産業でも、全力で復旧に取り組んでおりますが、余震が続く事で危険な作業となり、更に人員や材料不足により思い通り作業が進んでいないのが現状です。

しかし、気象庁による熊本地震の終息宣言が出された後、県外より人手を増員、集結する予定です。

(有)岡本シンホウ産業へのお問合わせに関しまして、現在、熊本地震で被害にあわれた方々への緊急対応をしております。
お見積もりに関しましては、値幅が非常に不安定な上に不審な業者からの問い合わせが増えてきており、メールでのお問合わせや見積もりのご依頼を控えております。

また、熊本地震による異常事態で電話にも出にくくなっており、皆様には大変ご迷惑をおかけしております。

誠に恐れ入りますが、不審な業者や悪徳業者からの連絡を無くす為、携帯電話やホームページからのお問い合わせではなく、ご自宅の固定電話から岡本シンホウ産業の固定電話 096-234-0436 までご連絡いただけると助かります。
ご理解とご協力のほど、宜しくお願い致します。


熊本地震での瓦屋根被害状況と被害の特徴、震災前の予防方法と対策について


全瓦連青年部西日本ブロック大会で、熊本地震での瓦屋根の被害状況と被害の特徴、 私が行ってきた震災での対応方法についてお話しする機会をいただきました。 この先起こりうる大震災に備える為、大震災後での対応の方法など、少しでも皆様のお役に立てればと思い講演会の内容を一部記載させていただきます。


第1章-熊本地震の概要-


今回の熊本地震は日奈久断層と布田川断層の接合部の付近で起こった断層の右横ズレによるものと言われています。
前震での震源地は私の会社から直線距離で2キロ程度しかない御船町と推定されており、日奈久断層が動いたとされ、 マグニチュードは6.2でした。

ほとんどの方が初めに揺れた地震が本震と思い、一旦避難していましたが自宅に帰った後に本震がきてしまいました。 それが尊い命を奪う1番の原因となりました。

14日に前震、16日の深夜に本震がきてほとんどの方が家屋に入れず、それからしばらくは車中泊の生活でした。
ご存知かとは思いますが、余震の回数も気象庁観測史上初の2000回を超え、6ヶ月経っても未だに余震が続いてます。

*2016年10月11日、気象庁発表による熊本地震の余震回数の修正がありました*
4月14日から10月10日に観測された震度1以上の地震が計4081回で従来より約2倍に増えました。 修正前から増えた1944回の地震の大半は4月に起きていて、特に2回目の震度7が起きた4月16日は1223回と修正前の約6倍に増えています。 増加分の94%は震度2以下の揺れでしたが、震度5弱以上も4回ありました。

日奈久、布田川断層と共に九州には阿蘇を中心に別府島原地帯層があります。 16日に別府で県内最大の震度6弱を記録した震源地です。 九州では過去には大地震は1300年前に679年に浮羽市から久留米市に至る水縄(みのう)断層帯で マグニチュード7、100年前の1909年熊本・宮崎の県境、人吉南緑断層でマグニチュード7.6があったと記録されています。
特に九州には1990年の雲仙噴火を皮切りに3つの火山が活発に動いています。 と言う事は、断層もしかりプレート自体が動いていると考えられ、日本全土が活動期に入ったと言われています。 この3つのプレートの間にある日本は活火山の集まった国で、活火山の数は全世界の活火山の7パーセント占めると言われています。

(有)岡本シンホウ産業top

第2章-熊本地震の被害状況-


益城町では悉皆(しっかい)調査、すべての建物の調査がありました。
各市町村でも被害認定調査が行われました。 それにより全壊・大規模半壊・半壊・一部損壊と4つの区分に分けられます。 その結果で自治体より罹災証明が発行されます。

震度7の益城町では、35年以前の旧建築基準法で建てられた家の半数が半壊以上となり、 問題なのは1981年の新耐震基準後でも約2割で半壊以上になったと言う事です。

次に、屋根以外の被災状況も見ていただきたいと思います。
現在も一方通行になっている御船益城インター間の高速の橋脚です。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

次の写真は益城に流れている秋津川と木山川周辺ですが、道路の亀裂は特に酷く、大きな被害を受けています。 堤防の亀裂が100箇所以上確認され、堤防決壊の危険性があります。この先の橋の高低差は50センチを超えました。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

(有)岡本シンホウ産業top

擁壁も石積みはもちろん、建置ブロック、L型擁壁に至るまで、大きな被害を受けました。
地震で地盤が緩んでいるのと同時に豪雨被害も重なり、特に上益城郡では各地で土砂崩れも発生しました。 私が住む甲佐町では震災から2ヶ月後となる6月21日には、国内観測史上4位に入る1時間150mmの雨をもたらしました。
益城では電気も通らず、主要な交差点では警察官が誘導していました。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

(有)岡本シンホウ産業top

次に全壊の画像を見ていただきたいと思います。
震災後、最初の一週間は現場調査をしながら、上益城の被害状況を実際に自分の目で見て回りました。 今回の地震で前日まで普通に生活されていた方々が1日で家を無くし、人生が激変した方が大勢いらっしゃったのは言うまでもありません。 全てのものを根こそぎ奪っていく地震の怖さを本当に思い知りました。
新しく葺き替えしてある家の屋根瓦はほとんど崩れることなく、倒壊した屋根にそのままのっていました。 それを見た時には呆然としてしまい心が痛みました。
もしもの時の震災に備えて、見積もり時に北回りや水周りの柱の状態だけでもしっかりと見て、確認しておくべきだと強く思いました。 リフォームをする時には、躯体の耐震性能を確認して軽量化を進めるのが大切だと痛感しました。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

特に倒壊が多く見受けられた箇所を見ていただきたいと思います。
先ずは盛り土の上に建っている家と山間部の中腹にある家です。
壁量や筋交いの少ない小屋、最後に土壁や土瓦の築年数の古い家になります。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

(有)岡本シンホウ産業top

第3章-熊本震災での屋根の被害状況・被害の特徴・対応方法-


先ず震災が来て被害が甚大な時、最初に必要となってくる対応はシート養生です。 震源地周辺にある私の会社では、シート養生の依頼が一日に数百件以上、問い合わせが殺到し対応に追われました。

シート養生に関しては、とにかく自分達や周辺住民と協力し合って対応していただくしかないと判断しました。

必死にシート張りをしていると、よく忘れがちになるのが補修される際の業者の見積もりや各自治体が行う被害認定調査や地震保険等の時に必要となってくる被害状況の写真です。 被害状況の写真がないと後々大変困りますので、必ずお撮り忘れのないようにお願い致します。

シート養生をする際には、できるだけ壊れた棟やガレキを取り除き、シート量を減らす工夫が必要となります。 これが震災時に適用される応急修理となります。 ガレキを乗せたまま養生してあるとシートは破れ、余震で危険な状態が続きます。

そして次に、長期間のシート養生で大切になって来るのが、3000番以上の厚手のシートやUV加工されたシート、 UV土嚢や切れにくい組紐を使用すると言う事が必要となります。
*長期間のシート養生を可能にする 工夫と材料選びについてはこちら*

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況


それでは実際に屋根の被害に入ります。
棟が壊れ落ち、下の瓦を破損させる建物被害が大多数です。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

台土に粘土を使った施工では、ほとんどの家で重大な被害が出ています。
また熊本は棒積みしてる瓦屋も多く、これも多くの被害が出ました。
それと、セメント瓦は空葺きが殆どで半瓦の固定もなく根こそぎズレています。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

仮に半瓦を固定して南蛮漆喰を使用し、全線結束してある棟も、横に縦に滑ってズレました。 軸方向の補強がどれだけ大切か分かる写真です。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

先ず基本は半瓦の固定と言うのもよく分かる一枚です。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

1枚目の写真の下り棟はモルタルで取ってあるのですが、見事にせん断しています。 棟の重量は地震の前では無力だと思い知らされました。
次に雨切り半瓦固定無しの写真です。 右は壁からの引かせがなく面土ごとバリ出しています。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

社寺も相当数の被害が出て、住宅ではないので国からの支援金が出ないのと、近隣の門徒さんにも被害が出ているので、 寄付金が集まらず手付かずの所が多数あるのが現状のようです。
納骨堂のRC作りや鉄骨造りの振動の伝わりやすい物件も大きな被害を受けてます。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

(有)岡本シンホウ産業top

第4章-ガイドライン工法-

ここからは専門的な内容になるので少々理解しにくいとは思いますので、お問い合わせ下さい。 施工される際は業者に頼んで施工状況の写真と完了写真を必ず撮ってもらい、 耐震施工ではない簡素的な施工(震災後は消費者センターに問い合わせがあるように、悪徳な業者が県内外と 増えます)をされないようにご注意下さい。

*震災時に多発する悪徳商法・詐欺と実際に発生している事案と案件の内容はこちら*

震災後の工事では安全対策が非常に重要になってきます。
大震災後には足場も含めて機材等が不足し3ヶ月待ちになることもあります。
震災被害は屋根屋以外も屋根に登る機会が多く、補修物件の危険箇所には面足場が必要になってきます。
足場が不足しているからといって安全対策を疎かにし事故を起こさないように、通常作業でも同じですが、 しっかりとした安全対策を行っていないと労災にはなりません。
緊急事態だからと言う理由は効きませんし、工事を行う上での安全対策は、どんな状況であっても徹底して行って下さい。

熊本地震の被害状況
熊本地震の被害状況

大震災という異常事態の時は、仕事に限らずみんなが協力し、お互いが助け合う事でしか切り抜ける方法はないと痛感しました。
類を見ない余震の中、どれだけの方が住み慣れた自宅で安心して過ごす事が出来るのか。 どうすれば被災された多くの方を救えるのか。 震災以来このことばかりを考えて来ました。
とりあえずのシート養生を、工務店、足場屋さん、ご主人や息子さん、従兄弟などの男手、近隣の消防団、 ありとあらゆる所に頼んで手伝っていただきました。
そして崩れた棟瓦や破損した平瓦は工務店に降ろしてもらい、平部は工務店になるべく葺いてもらいシート量を減らしていただきました。
そして自分は緊急を要する所から、優先順位や施工手順、施工方法、材料の手配を行い、 現場ではその応急工事を親綱と安全帯をつけてなるべく動きが少ないようにクレーンを使い工事を進めました。
台風が来ますからどうしても急ぎの物件は工務店、左官、塗装屋さんに乾式工法を教えて自分達で7丸施工をしてもらっています。
それでも追いつかず、最近では平板・コロニアルも工務店さんがやり始めています。
一度震災が起これば、コロニアルやせっぱんなどの軽量化、平板瓦などの簡素化、 そして新築も瓦職人不足も合間って在来工法での和型の家が極端に減ります。
西日本では台風や火山灰と言った特殊な状況があるので、この板金・コロニアルの軽量化の影響が出てくる可能性もあるかもしれません。

今後は全瓦連でも直下型の揺れに対するさらなる研究改良や、地震による家の形状(屋根の形状)との因果関係、 今回剛体の在来工法で多くの被害が出たなら、風に強くそれでも柔軟性に富んだ屋根作りが出来ないか等も、研究改良が進みこれからの新しい未来の屋根を作る礎を作り上げて行けたらと切に思います。
また私達熊本も、皆さんのお力を借りながらガイドラインを基にした強くて美しい景観を1日も早い復旧・復興をするのみです!
今後とも皆様方の惜しみない御協力とご指導をお願い致します。

(有)岡本シンホウ産業トップへ



熊本の専門屋根瓦(有)岡本シンホウ産業
瓦関係行事やイベント等の最新更新情報


熊本県優秀技能者県知事表彰を受賞しました。
授賞式での写真です。 NEW
全瓦連青年部西日本ブロック大会で、熊本地震での瓦屋根の被害状況と被害の特徴について、講演を行いました。
NEW
岡本シンホウ産業で紹介するシート養生の張り方が、NHKで放送されました‼
NEW
本日は早朝より、花園の職業訓練センターで瓦葺き1級2級技能検定の実技試験が行われました。
試験監督として、必死に試験に取り組んでいる受験生の姿を見守っていましたが、これからの瓦業界を担っていく職人としての成長に期待したいと思います。
新年明けましておめでとうございます。
皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。
一企業の努力だけではカバーしきれない世界的な流れの中にあって、あらゆる業種の企業が非常に厳しい状況に直面しています。
私たち社員一同も、「お客様に喜んで頂く」という基本に立ちかえって、地道に、ひとつずつ、目の前のできることから取り組んで参りたいと存じます。
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。
幸山政史元市長が岡本シンホウ産業を訪問してくださいました!!
感謝の写真です。
新作の古瓦ガーデニングです。
今回は岡本シンホウ産業のイニシャルも入れてみました!!
K様邸の瓦の葺き替え工事を行いました。
社員一同、色々と勉強をさせていただく事ができ感謝しております。
詳細はこちらです。
7月から販売されている甲佐町プレミアム付商品券は(有)岡本シンホウ産業でも取り扱っております。
この機会に是非、皆様のご利用をお待ちしております。
中小企業団体中央会青年部のボーリング大会が7月7日七夕の日に行われました。
私達、瓦工業組合青年部が見事三位入賞を果たしました。
熊本県瓦工業組合の調査研究技術委員会の委員長になりました。
その委員会により来月は本葺き講習会を花園の職業訓練センターにて開催予定です。
今はほとんど見る事の出来ない本葺き瓦の匠の技を見れる絶好の機会です。
乞うご期待下さい。
携帯やスマートフォン、タブレット等のデジタル機械でも見やすいように、ホームページをリニューアルしました。
千葉の幕張メッセにて第28回技能グランプリが開催されました
瓦を使ったガーデニングの新作です!!
明けましておめでとうございます。今年も、どうぞ宜しくお願い致します!!
全瓦連九州ブロック協議会主催の第一回技能競技大会が開かれました。
九州全土から優れた技能を持つ技能者が集い、規定の架台を使って、同じ仕様で屋根瓦を仕上げました。
今回は残念ながら忙しすぎて我が社からは出場する事ができませんでした。
優秀賞をもらった熊本の久木君と末吉君は流石の腕前でした(^o^)
岡本シンホウ産業でも、更に腕を磨いて第二回大会には是非とも出場しようと思ってます!
熊本県職業能力開発促進大会授賞式に行きました。

熊本県甲佐町産業文化祭が開催されました。

石州シバオ瓦の工場見学に行ってきました。
小学生の時に両親に連れられて行ってから、30年振りに来場しました。 相変わらず品質管理はしっかりしていて、自信を持ってお客様に提供できる品物と確信しました!!
伝統連絡協議会による旅行です!!
第1回目の旅行は、山都町の段取りで天草に行ってきました。
懇親会では女将さんの見事な舞踊でお酒も進みました。
瓦組合による屋根の日の一斉清掃ボランティアを行いました。
熊本市職業訓練センターで夏の技能祭です!!
みんなで案山子と神輿作りしました。
以前造った古瓦ガーニングの清掃活動を行いました。
今年もやってきました!郊外学習です。
会社周辺の除草作業ボランティアを行いました。
瓦の仕事に興味ある方、いつでも求人募集中です。
詳しい内容は採用情報ページ をご覧ください。
お気軽にご連絡お待ちしています。
岡本シンホウ産業のホームページ開設しました。
まだ編集中が多々ありますが、宜しくお願い致します。
古瓦ガーデニング完成しました。